医師紹介

福井 信之

​院長

【経歴】

広島学院高校卒業

1975年: 関西医科大学医学部卒業

1977年: 広島大学病院第一内科医員、

広島県内病院に多数勤務

1980年: 福井内科医院 開業

現在に至る

【専門分野】

内科, 循環器科, 消化器科, 呼吸器科, 放射線科, 小児科

福井 英人

副院長

【経歴】

広島修道高校卒業

2004年: 兵庫医科大学医学部卒業

2004年: JR広島病院にて初期研修

2006年: 千里救命救急センター チーフレジデント

2009年: 浦添総合病院救命救急センター 医長

              沖縄県ドクターヘリフライトドクター

​2019年: 福井内科医院 副院長 兼 訪問診療部長

    (広島共立病院・広島市民病院 救急科兼任)

【専門分野】

救急医療, 災害医療, 集中治療, 病院前救急診療, 緩和ケア,

航空医療, 総合診療, 移植医療, 旅行医学

【専門医資格等】

日本救急医学会認定 救急科専門医

社会医学系指導医(※)

日本航空医療学会認定指導者(※)

日本旅行医学会認定医(※)

臨床研修指導医、日本DMAT隊員・統括DMAT資格

​JDR国際緊急援助隊医療チーム隊員

​​広島県地域災害医療コーディネーター

ANA Doctor on abroad(※) JAL Doctor(※)

ICLS認定コースディレクター・WSディレクター(※)

MCLS世話人・インストラクター(※)

ITLSコースディレクター(※)

JPTECインストラクター(※)

NDLSインストラクター(※)

MIMMS、HMIMMS、TPM、ALSO、JATEC認定資格(※)

ごあいさつ

DSC01661.jpg

これまで初期研修終了後、大阪府済生会千里病院千里救命救急センター、浦添総合病院救命救急センターで、救急・集中治療やドクターカー・ドクターヘリ等の病院前救急診療、災害医療などに携わってまいりました。

救急医としてあらゆる手段を用いて救命し、とことん治療を行った結果、劇的救命につながることもあれば、侵襲の大きい治療を行うことで逆に身体や精神に苦痛を与えてしまい必ずしも患者やご家族にとって最善の結果とならなかったということもありました。

主治医と患者さんとその家族とで常日頃から急変時の方針についてしっかりと決めておくことがとても大切です。

私は救急搬送となった患者さんのご家族とこれまで幾度となく急変時の方針について話し合ってきました。慢性疾患の急性増悪や急変時など有事の際に、内科・外科の枠にとらわれない救急が得意な在宅医として患者のもとに出向き直接評価・治療を行うことで、地域の在宅医療を充実させることができるのではないかという考えもあり、救急から在宅の世界に飛び込むことを決心しました。

治療の限界を知り、真剣に生死と向き合ってきた救急医ならではの最良の医療の提供ができると思っています。

DSC01642.jpg
福井美典 福井内科 美容皮膚科 栄養療法 糖尿病内科

福井 美典

医師

Instagram_Glyph_Gradient_RGB.png

\ フォロー&いいね宜しくお願いいたします♪ /

【専門医資格等】

日本糖尿病学会認定 糖尿病内科専門医

日本救急医学会認定 救急科専門医

日本内科学会認定 総合内科専門医

抗加齢医学会専門医(※)

日本旅行医学会認定医(※)

留学安全管理者(※)

日本内科学会認定 認定内科医

認定産業医

臨床研修指導医

高濃度ビタミンC療法認定医(※)

キレーション認定医(※)

日本内科学会資格認定試験 病歴要約評価委員

アラガン ジュビダームビスタ注入認定医(※)

アラガン VST認定医(※)

オーソモレキュラー・ニュートリション・プロフェッショナル(ONP)(※)

サプリメントアドバイザー(※JNF認定)
野菜ソムリエ(※日本野菜ソムリエ協会認定) 
毛髪診断士(※日本毛髪科学協会認定)
アロマテラピーアドバイザー(※AEAJ認定) 
コスメコンシェルジュ(※日本化粧品協会認定)

ANA Doctor on abroad(※)

JAL Doctor(※)

JMECCインストラクター(※)

ICLSインストラクター(※)

【専門分野】

糖尿病内科, 救急医療, 総合内科, 美容皮膚科, 旅行医学, オーソモレキュラー栄養療法, 産業医学

経歴

​【経歴】

安田学園安田女子高校卒業

​2010年: 兵庫医科大学卒業

2010年: 沖縄中部徳洲会病院にて初期研修

2012年: 浦添総合病院救命救急センター チーフレジデント

     鉄蕉会亀田総合病院糖尿病・内分泌代謝科出向

2015年: 浦添総合病院糖尿病内科

2016年: 北部地区医師会病院 救急科・糖尿病内科勤務

2017年: 大手美容皮膚科沖縄院 院長

           (北部地区医師会病院救急科・糖尿病内科兼任)

2019年: 大手美容外科那覇院 院長

        (大浜第一病院 救急科兼任)

2021年: 大手美容皮膚科広島院 院長

         (広島共立病院 救急科・糖尿病内科兼任)

2022年: 福井内科医院 糖尿病内科・美容皮膚科開設

             (広島共立病院 救急科・糖尿病内科兼任)

ごあいさつ

私は、南の島沖縄県で、医師人生の第一歩をスタートし、そこで11年間を過ごしました。

救急専門医・糖尿病専門医として,急性期病院で診療に励んで参りました。私の基盤は救急医療にありますが、救急とは全く方向性が違う糖尿病内科を第二の専門とした経緯についてお話しさせてください。

沖縄県は、内地に比べて糖尿病をはじめとする生活習慣病が若年化しており、救急車で来院しなければならないような20代の重症患者様は珍しくありません。地域柄、アメリカナイズされていることもあり飲酒習慣や炭水化物や脂をふんだんに使った料理が多いことも原因にあると思います。ERに救急搬送される重症患者様を診療し、感じたことは「予防医学」の必要性でした。探求心が強い私は、医師4年目に、糖尿病内科の道を極めることを決断しました。

糖尿病は、慢性炎症が原因である疾患です。

慢性炎症は、酸化ストレスやAGEsが原因で血管を老化させます。目に見えて痛みや症状が現れにくいため、健診で血糖値の異常指摘があっても、放置されやすいのです。糖尿病治療において、最も大切なことは「食事」です。

わたしたちは、食べたもので作られています。何を食べて生きるか、いかにして栄養のあるものを効率よく摂取するか、これは人生を決めるといっても過言ではありません。

糖尿病は、悪化すると心筋梗塞や脳卒中、癌、足壊疽、感染症など多岐にわたる合併症を引き起こします。

わたしの使命は、糖尿病の患者様のみでなく、未病の状態の方々の食事内容や生活習慣を一緒に見直し、すこやかな人生を歩んでいくお手伝いをすることです。

「オーソモレキュラー栄養療法」は、食事やサプリメント、糖質コントロールをすることで、身体を構成する約60兆個の細胞を活性化させ、全身管理をする治療法です。

未病の方も治療中の病気がある方も栄養療法の適応となります。現状、日本でこの栄養療法が十分に認知・浸透しているとは言い難いです。

しかし実際に、私自身が、この栄養療法を5年以上前から今に至るまで実践・継続しており、あらゆる不調から回復した経験がございます。この治療法を世に普及させ、世の中の役に立つ医師であり続けたいと思います。

福井美典 福井内科 美容皮膚科 栄養療法 糖尿病内科

救急医は、人命を救う医師であります。

相反する糖尿病内科医・栄養療法医は、救急に駆け込まなくていいように、その人のすこやかなる人生をも救えるのではないかと考えます。

救急医であり、糖尿病内科医である、これは私の強みです。

福井美典 福井内科 美容皮膚科 栄養療法 糖尿病内科
instagram_icon.png

\ 女医Dr.MINORI /
インスタグラム

フォロー&いいね宜しくお願いいたします♪